やまざきひんと。

HINT.inc代表/メディアプロデューサーやまざきひとみの日々思いついたこと。

カテゴリ: Books/本


IMG_9475


いやー、すごい読みごたえでした。
今まで漠然と抱いていた松田さんのイメージが一変する一冊。


前半・経営者パートと、後半・政治の世界のパートの、
スピードや空気の重さの対比が一人の方が書いているとは思えないほど違って、


この本でしか描けない、
経済界と政界を跨いだ日本のリアリティを俯瞰して勉強できました。


経営者としての前半は、
タリーズ創業から上場、上場廃止、買収事件を経てのタリーズとの決別、
さらにシンガポールに渡っての事業チャレンジと
エッグスンシングス日本上陸
にまつわるあれこれ。

これだけでもビジネス自伝書として
困難の連続でありながら、
ブレない情熱や経営手腕で次々と挑戦されていくストーリーは痛快でもあり、
勉強になりつつ、


後半は一転、
後半は参議院議員になられてから去年の安保法案成立、そして現在に至るまでの5年間。


ビジネスだといろいろあっても
「結果がすべてを癒やす」的なところがありますが、

成果の見えにくい政治の世界、今の日本では、
多くの議員が政策の内容云々の前に
党派や選挙に向かざるを得なく「職業政治家」と化してしまわざるを得ない実情等、

ビジネスのルールから見ると非合理的なことがたくさんあり、

前半はストーリーのベクトルがまっすぐだったのに対し、
後半はあちらこちらに話題が向いていくのが印象的
で、

みんなの党の解党や、
安保法修正案提出等、
なにげなく触れていたニュースの裏側の壮絶な攻防戦が
松田さんの視点からかなり赤裸々に率直に書かれていて、
単純にわかりやすくかつ、考えさせられました。


また、三和銀行を退行してタリーズ起業から20年、
「使命感」というキーワードを軸にリスクが大きい方を選択しつづけているというのが
この本の大きなテーマですが、
特に政界に入られてからほぼ360度、ルールと人、環境の差があった中で
それを貫き続けるというのは並大抵のことではなかったのではないかと想像します。


でも、使命感というのは、
自分が生きている間に叶えたい世界と、それに向けて自分ができることの道筋が見えた時に
自然と芽生えてくるもの
で、
及ばずながら私も日々、行動の選択は「使命感」に従うように心がけているのですが、

そういう意味でも松田さんの情熱が伝染してくる、
熱量の高い一冊でした。

松田 公太
講談社
2016-01-15





  


IMG_9472



最近の積ん読消化シリーズ。

高橋みなみさんのリーダー論は、期待を上回る実践書というか、
これからリーダー職を目指す人に加え、
女性が在籍する組織をマネジメントする立場にある人は必読だとおもいました。



第一章「リーダーの仕事」の一節、

”女の子は、小さな集団を作りがちな生き物です。この小さな集団のことを、私は”ダマ”と呼んでいるのですが、この”ダマ”がチームの一体感を邪魔する原因になると思います”


女性の比率がある程度ある組織にいたことがある人なら、
この事象はあるあるだと思います。

私も、「”ダマ”をほぐす」という表現の的確さに膝を打ちました。

女の子は習性上その小さな集団を自分の社会の重要単位にしてしまうことが多いので、
同時に、そのダマの特性によって個性や能力の限界値を知らず知らずのうちに創りだしてしまうことが多いです。

組織と個人の能力を最大化しようとした時、
女性が創りだす小さな集団は、適切にほぐしてあげる作業をすることが必要不可欠だと思います。


恐らく日本一女性集団のリーダーとして修羅場をくぐっていて、
(しかも自分もプレーヤーとして)10年近く戦ってきた高橋みなみさんの
女性組織マネジメント論は、
たとえば
・一緒の現場にいて女の子の状態をどう把握してどのタイミングで声をかけるかとか、
・20代で中高生の女の子集団に溶け込みながらも叱る時は叱るモードの切り替え方とか、
かなり具体的。


他にも、前田敦子さんとWセンターだった時に自分はそれに勝てないと悟って
今の役割に徹していくストーリーとか、
コンプレックスとの向き合い方、
卒業に際していきついたリーダー職の最終型、など、


最近フジの「ボクらの時代」で前田敦子さん、指原莉乃さんと3人で対談されているのを見た時も思ったのですが、
高橋みなみさんも3人とも、仕事のスタンスが卓越しているというか、
創生期からAKBというシステムを作り上げながら、
総選挙とかその中のプレイヤーとしても生き抜いてきたからこそ、
他のタレントさんや女優さんとはひと味違った逞しさがあるように感じます。

卒業も間近ですが、芸能界だけにとどまらず、
きっと10年後くらいにはギリ、同年代としてカウントされる世代な気がするので(笑)
日本を代表する女性リーダーとして、これからも大活躍していただきたいです。

リーダー論 (講談社AKB48新書)
高橋 みなみ(AKB48)
講談社
2015-12-22







 



これ、フライングタイガーで最近300円で購入しまして




なんに見えますか?













こうなります。



2015-11-03-17-17-59






ついているクリップを本に挟んで、
電気をつけると暗い部屋でも読めると。


これ、かなり暗い部屋で撮影しましたが、
ストレスなく読書できます。


軽いし、電池で動くし、なにより300円だし、
くいって曲がるかんじもちょうどよく、

寝る前や飛行機での読書に革命が起きます。



なにより、タイガーの製品なので、
暗いところでも読書をしてやろうといういかついアイテムなのに、ちゃんと可愛いのです。




フライングタイガーのブックライトおすすめです






20代のはじめからすると、
私の今の読書量は100倍くらいになってます。
(年に2冊くらいしか読まなかったから200冊くらいになっただけですが)

book-1240762
 

いや、ちょっと100倍は大げさかもしれないけれど、
確実に年間100〜200冊の間は読むようになったので、
とにかく読書という行為そのものが好きになったということをいいたいです。

私の出身校は特に中学からの国語のレベルが高いことが有名で、
なにはともあれ国語の授業がめちゃくちゃ怖かったのと
(あてられる質問の意味もレベル高すぎてわからなかったし、答えられないと結構怒られるんだけど怒られ方もレベル高すぎてとにかく恐怖な記憶)
 
高校に入ってからも現代文の授業は記憶している限りレベルが高くて、
テストがとにかくマニアックだったことを覚えているのですが、
("野火"のテストで「主人公がレイテ島で食べた芋の名前を答えよ」っていう問題が出て奇跡的に答えられて感動した)

そのおかげで今思うと大変ありがたいことに、
代表的な文学作品は自分から進んで読んだわけではないのに
かなり鮮明に頭の中に入っていて、すばらしい教養育成をしてもらったなあと思います。



ただ、その反動で多くの人と同じような"読書食わず嫌い"みたいなものは大人になってからもずっとあって、
社会人になってから、学校では教えてくれないIT系の知識とかビジネス書を中心にちょこちょこ読むようになったことから再び私の読書ライフがスタートしました。

大体、世界の偉人伝とか読んでいると、
子供のころはこんなことがイケてなかったけど(貧乏とか、病気とか、モテないとか)
読書だけは好きな子供でした、
という話が圧倒的に多くて、
私は10代〜20代の読書量本当に損したなと思います。
好きな男の子からのメール待ってる時間に読書してればよかった。



読書がどうして好きになったかというと、
結構単純な話で「面白い本しか読まなくなったから」

そしてそれ以上に「面白い本がどれか見分ける嗅覚がついたから」

ということが大きいです。



基本的に娯楽コンテンツ好きなので、
オタク級な宝塚以外も映画・ドラマ・ゲーム・漫画なんかは普通の人よりは恐らく全ジャンル多めにかじっているただのミーハーなのですが、
この年になって気づいたのは

「本の娯楽性が一番高いのではないか」

ということ。



視覚・聴覚を支配するという点で娯楽の王様は映画だと思っていたのですが、
映画はできてから約100年なのに対し、
本って、紀元前から書かれているので、とにかく点数が尋常じゃない。

多分、映画の代表的な名作を見尽くすことは時間をかければ10年くらいで可能な気がしますが、
この世にある本の名作をすべて読むのは、死ぬまでかかっても無理です。
「名作だけ選定して読んで」ですよ。

なので、今のペースで読んでも年間200冊で、
死ぬまでに読める本の点数を思ったら、
自分の人生だけでは読書時間が足りないので、
つまらない本を読んでいる場合じゃなくて、
とにかく面白い本だけを選んで読むことが大事
ということに気が付きました。

ただ、読書初心者にとっては、小さな本屋であってもおいてある本の点数が多すぎて、正直どれが面白いのかわからない。
平積みしてある本にもはずれはいっぱいあるので、要は、選ぶ能力を身につける機会がないから、読書離れが進むのだと思います。


昔は娯楽の中で本が占める割合が多かったから、
作家の名前ももっとメジャーで、どれが面白いとかも恐らく日常会話レベルでかわされていたのだと思うけど、
今あまり誰のどれが面白いというのは、本屋に足繁く通わないとわからないのではないでしょうか。


私の場合ラッキーだったは、前の主人が超がつく読書家だったので、本を買ってきてみては「これ、おもしろい?」と聞くと、
彼の評価が大体あたっているので、だんだん面白い作家や本の特徴を学んでいくことができました。


おかげで、今一回本屋にいくと10冊ずつとか本を買うのですが、
はずれの本はほぼひかない(全部おもしろい)し、読み始めて数分で、つまらない本は見分けて読むのをやめることができます。


なので、私が思うこの世で最大の娯楽、読書の世界に足を踏み入れるコツは、
とにかくしばらく、自分ひとりの判断力で本を選ばないで
本のパーソナルソムリエを近くにもつこと。

知り合いでもいいし、有名人でもいいので、本好きな信頼できる人を近くにもって、
その人がおすすめしているものをかたっぱしから読む、というのがオススメです。

そういう意味で最近この概念で爆発的な現象になったのが、読書芸人。
新宿紀伊国屋には読書芸人の3名がおすすめした本が並んでいる本棚がありますが
(たぶんまだある)
多くの人が信頼できる本のパーソナルソムリエ、として、
読書芸人という企画は本当に素敵だと思います。

私もこれきっかけで読んだ、教団X(中村文則)、生きるとかは何か(個人から分人へ)は
今年読んだ中でもバツグンに面白かったし、周りの人にも積極的におすすめしました。


読書量と年収は比例するなんていう伝説もありますが、
意外を娯楽に飢えている時間がある人は、読書の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。 

GWは何冊か本やマンガを読みましたが


経沢社長がブログでおすすめされていた

林真理子さんのエッセイ

野心のすすめ、とてもおもしろかったです。

野心のすすめ (講談社現代新書)/講談社
¥777
Amazon.co.jp



平凡な幸せを望んでいる人が多くなっている世の中だけれど、

本当の平凡な幸せを分解して考えてみると、

それが簡単に手に入るほど今の世の中は甘くないし、

そう考えると平凡な幸せとは、高望みして高望みして、
そこに向かって歯を食いしばって努力した末に、
いつの間にか手に入っているようなものなのではないだろうか

(ニュアンスは私の解釈ですが、)

のような一節があり、なるほどなと。




正直、私自身もわりと欲深い方だと思いますが(ほんと、すみません汗)

常日頃大切にしている考え方として、

野心や夢は、わがままに描くべきと思います。

大きさも含めて、わがままに。



ビジョンを持つのが重要なのと同じですが、

結局目指すところや到達したいところをしっかり描き、それを目指していくことは、

ピンとはった糸の上をいくイメージ

自然と行くべき方向がわかっているし、
なぜか歩きやすい道になっていたりするものだと思います。



逆に、自分の本当の野心と向き合わないで過ごすのは、

それは向こう側を止めていないゆるんだ糸の上を歩くようなものなので、

歩きにくいし、どちらにいったらいいかわからないし、いらないはずのものまで欲しくなるし、

同じ長さの糸なのに、必要のない苦労をしなければならないような気がします。




林真理子さんの辛辣だけど気持ちのいい文体で、

一気読みしてしまいましたが、

元気がでる一冊なので、おすすめです。




GW、遠出はしませんでしたが、ゆっくりできて、料理もできて、
リフレッシュできました。


さて、明日からフルスロットルでがんばりますードラえもん






↑このページのトップヘ