カテゴリ: 映画/entertainment

真夏の方程式2.0★★☆☆☆




ガリレオファンの旦那さんにつられて、
最近はドラマも好き。



ザ、東野圭吾エンターテイメントで、
綺麗な海とハラハラ感と人間ドラマがじーんときて、
夏休み懐かしいー♪と思った。



もうちょっとガリレオ感がほしかったなー。というのと、
一点どうしても合点がいかなくて感情移入できなかったのは、
私だけかもしれない。




真夏の湯川先生は、最高。



監督 : 西谷弘出演 : 福山雅治
今話題の映画、マンガ、音楽をつぶやこう♪

華麗なるギャツビー
やっと見て来ました。

photo:02




華麗なるギャツビーといえば


フィッツジェラルド!


でも


村上春樹!
グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)/スコット フィッツジェラルド
(※最近のお風呂のお供ですが。)



でも、なく、




杜けあきさま(さんとか言えない)


1991年雪組公演 な、私です。
5歳・・・・笑。

でもはじめてみたのは幼稚園な記憶があります。

おそらく、5歳の時からビデオがすりきれるくらい見たので、
50回はみたでしょう。



朝日の登る前には、名曲。





杜けあきさまのギャツビーは、達観してデイジーに振り回されるというより、
すべてを受け入れるような男性にみえたけれど、
ディカプリオのギャツビーは過去にとらわれるパワーが大きすぎて
逆に魅力的、という、こちらの方が原作に近いんだろうなと思いました。

アビエイターのハワード・ヒューズのディカプリオにもかぶりました。
人としては、(実在と小説の人という差があるけど、)
ハワードヒューズの方が好き。

ディカプリオは、
なにかに取り憑かれる絶大なパワーを持った男性の役が多い気がするので、
だんだん日本でいう藤原竜也にかぶってきました。



ギャツビー邸のパーティの場面は、
こんなパーティに死ぬまでに一度は行きたいと思わせる、圧巻。

悲しくて綺麗なラブストーリー、おすすめです。



おすすめといえば、
最近AppleTVで見た外事警察。

尾野真千子さんがマイブームなので何気なくみたのですが。
これは5つ星の面白さでした。

日本版スパイムービー。
リアリティと、ハラハラ感と、展開の驚きと、
渡部篤郎さんのカッコよさと、
大人のエンターテイメントでした。

外事警察 その男に騙されるな [DVD]/渡部篤郎,キム・ガンウ,真木よう子
¥4,935
Amazon.co.jp


↑このページのトップヘ