カテゴリ: Works

25dbb5fd.jpg

金曜土曜と、
ママの注力事業の中期戦略と足元施策落とし込み合宿。

今期スローガン、ママ無双を叶えるための絶対条件を2月固めるべく洗い出し切りました。



今年に入って、改めて先輩に言われてから実感しているのが、合宿は正義、ということ。

日々の業務で考えるための時間を細切れにとると、
ともすると実行スピードが落ちたり、
なにより切り替えコストが重いので、
なんだっけ、、?となってしまいがち。


何度細切れで話しても同じことを話していたり、
アジェンダは同じはずなのに毎回違う結論がでたりする課題に対しては、
(最低)3時間集中して議論するのが一番決まる!



アツい課題には積極的にまとまった時間をとったり、
その課題に巻き込むべき人をキャスティングしたり、
議論の精度があがるための下準備をしたりする、

「合宿センス」(造語)

というのを意識していくのって、
当たり前なんですが、大切なのだなと。



ということで、2月は決め切ったことの実行に集中して、飛躍の土台を作りたいとおもいます。


日夜だけど、メラメラ。





ママ事業部新年会フォトブロ。



ゲストのこねぎちゃん♡♡
(会えてうれしかったー)

{48F5B9E8-64EF-4318-AD6C-406ADD677DEA:01}


ママ会の聖地、Chano-maにて


{E0519036-03BB-4837-95F0-600B74882D1C:01}


くつろげるUI





{A05FD322-666A-45CF-99EB-C93E4E2E3DC5:01}

10娘たち。金山、ほんとうにお疲れさま!
同期愛に感動。


{071C9DAC-DEE3-4F1A-9459-FE67BF2F46C0:01}


幹事のみんなの演出で、すごく盛り上がりました。

スローガン書いたネームプレートで、
事業部の内なる闘志を感じられてすごく嬉しかったり。




これは昨日ですが、
書き初めでも迷いなくあらためたスローガン。
{91888350-5494-41B2-A700-BC95D9E92850:01}


仕事はじめに初詣で、祈願。

{EC991D58-7C49-4224-A3E5-4350294A41BB:01}






素晴らしいメンバーに恵まれていることに感謝して、
ますます加速して必ず無双状態をつくろうと心に決めた年明けです。

{15146538-7D4D-4AF4-A221-C8933572559F:01}


ママ無双、叶えましょう!






今週発売の週間ダイヤモンド
2014→2020総予測にて

女性活用についての特集に掲載いただいています。


image

image


私自身、母親ではないのですが、


ママ事業部を立ち上げてから特に、

働くお母さんたちや事業部のママメンバーと触れる機会が多くなって感じている

「ワーキングマザーのメンタル面の強さ」「時間<パフォーマンス」

ということについて答えさせていただきました。



事業部にもいつも一緒にがんばってくれているママ社員が数名いますが、


仕事をしていたら必ず起こる
不条理の受け止め方、対応の仕方


そして何より

時間とパフォーマンスへの考え方、コミット

休みなしの育児を乗り越えているからこその部分があるなと
感じる場面があります。





働いている女性という立場としては、
本当にありがたいことに、

女性であるということをあまり強く意識せず
仕事が好きという気持ちにまかせて

おもいっきり働かせてもらえる環境や
支えてくれる家族に感謝しつつ、

女性の女性としての幸せを長い人生で
少しでもお手伝いできたらいいなと


まだまだおこがましいですが、思います。




アイディアというのは、

おりてくるかこないかという側面が少なからずあると思うのですが、


アイディアを出すのが苦手な人、出す数が少ない人、
というのは

単純にインプットがたりなかったり、

知らず知らずのうちに視野が狭くなっている
(自分のものさしだけで世界をみてしまっている)
ことが多いのかなと思います。





プロダクトを生み出すことすべてがクリエイティブな作業と定義したとき、

プロデューサーも、デザイナーも、エンジニアも、
皆が「クリエイター」だと思うのですが、

クリエイターというのは「課題解決者」であることがまず第一であって、
自分の世界を表現する「表現者」であることが第一の「アーティスト」とは優先順位が違う
、と

佐藤可士和さんの奥様、佐藤悦子さんのコラムにあって、
なるほどなと。




そう考えると、

「ヒットプロダクトが必要」

という大きな課題を解決するミッションを持っているのが
プロデューサーなのだと思うのですが、


ヒットというのは、それまではなかったけれど
世の中の多く人のニーズに絶妙なタイミングでフィットする
という現象なので

ヒットを生む側にいくためには、
少なくとも、
ヒットのメカニズムを引き出しとして持っている
のが大切なのではと、思います。




なので、何がいいたいかというと

アイディアを生み出すことと、
一見、相反しているように思えますが、

ひらめく人になるための一つのやり方として、

世の中で流行っているものには貪欲に触れる
=ちょっとかっこ悪いくらいミーハーになる

というのがあるとおもいます。



ゲームでも、本でも、映画でも、舞台でも、ドラマでも、アニメでも、
スポーツでも、家電でも、食べ物でも、場所でも。


ポイントとして、ヒットしているものには

「人が熱狂しているポイントが必ずあるので

単にヒットコンテンツに触れるだけではなくて
これに人が熱狂しているポイントはどこにあるのか

と、分析しながら触れることがポイントな気がしていて、



それを引き出しとして蓄えていくことによって、

何かを生み出さないといけないとき
それが知らず知らずのうちに脳内でデータベース化されていて、
ぱっと掛け算を起こして

ひらめいた!となっていく可能性が高いのかなと。







ということで、
3連休は、日生劇場で「モンテ・クリスト伯」を。





あと今年は行ったことのなかったプロ野球の試合も見に行けたし

式年遷宮の伊勢神宮にも(結構前ですが)いけたし

image


ミーハーつながりの旦那さんのお陰ではじめて朝ドラ文化にも慣れたし、

今年の映画の年間興行ランキングは、トップ10のうち5本しか見ていないのが
ショックでしたが。。。



私自身ももっと閃き力を研ぎ澄ませるために、
なんとかめまぐるしい毎日の中でも、

余裕を作って自分の引き出しをこれからも増やしていかなければなと

思っています。







↓佐藤悦子さんの登場されているコラムの本。
強く上品で合理的、なお考えとてもが好きで、よく立ち返って読んでいます。

「オトコらしくない」からうまくいく/日本経済新聞出版社
¥1,575
Amazon.co.jp

先週、
ママ向けに新たに2サービスの提供を開始いたしましたキラキラ



ママのためのフリマサービス
「マムズフリマ」




オープン記念会見では、
辻希美さん、保田圭さんに出席していただきました。

ニュースにも

お二人の他にも、
有名ママモさん30名の公式ショップ心もオープンしています。

image


辻希美さん「マムズフリマ」

保田圭さん「マムズフリマ」

アイラブママモデル・孫きょうさん「「マムズフリマ!」
などなど。。







そして、
育児中の女性のためのクラウドソーシングサービス
「ママ&クラウド」



事前登録ですでに約2万人の登録をいただいており、

自宅でできるお仕事のかたちを新たに提供していきたいと思います。

初速も好調です!

アメーバ、ママ向けクラウドソーシングサービス「mama&crowdベータ版」スタート」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131220-00000000-sh_mar-sci




更に、来週もう1サービスの発表できる予定!




ママ事業部のスローガン、
すべてのママをインターネットで楽しく、元気に

を叶えるため、
ここからママメディアをさらに大きく、便利に育てていきたいと思います。





キラキラフリマチーム、クラウドチームの皆さん、
まずはリリースお疲れ様でした!キラキラ


image


↑このページのトップヘ