独立すると決めて、
人に夢を語ったりどういう世界を作りたいのかということを辿々しくも自分の言葉で話す機会が増えました。

「世界を変えたいんです」とか、大人の私が大人の人に真面目に話すのは、ある意味すごくダサいことなんだけど、思わぬ人に共鳴してもらえる瞬間や、早くも時間を忘れて仕事に没頭する瞬間があって目まぐるしく終わった1週間。


きっと、新しい挑戦をするということはとてもダサいことなんだと思う。


面と向かって言葉では言われないけれど、
独立すると言った瞬間鼻で笑われたりしたこともあるし、

ちょっと態度が変わった人もいる。
それはきっと、私がダサい選択をしたから。
(もちろんそれ以上にあたたかく応援してくださる方もいます)
 


今週も、ここには書けないようなダサいこといっぱいした。
でもきっとこのダサさがちょっとカッコよくなったときに、
ちょっとだけ世界が変わっているのかもしれない







・・・・・と、信じて笑、

いつまでも程よくダサく頑張り続けよう、と、精一杯の背伸びをこめて、思いました。