「高校の時、ガチの宝塚部やってたんです」


というのが私の人生の中で圧倒的に胸をはっていえる自慢なんですけど、
だいたい「?」という顔をされます。


本当は就活の時に有利に働いてもいいくらい日本でも有数の体育会系エンタメ部活だとかれこれ10年くらいずっと思ってるんですが、
いかんせんコンセプトが特殊で伝わりにくいため、全然就活の時に使えませんでした。


それはいいんですけれども、
卒業してもう13年、今年も文化祭にいって参りました。

とりあえず説明するのが難しいのですが、
毎年行くと「ごめんなさい」と思うくらい感動するんです。
なにが申し訳なるかというと、

高校生こんなに頑張ってるのに私なにしてんねん、
という卒業生としての感動というスポ根映画みた的な感動と、

高校生の仕事レベル高すぎやろ...!
という、OGであるとかを忘れた1観客としての感動とが相まって、

大体最後泣きそうになります。

一回、だまされたと思って、再生してみてください↓





こちらは去年あったOGのイベントのとき↓


衣装はぜんぶ手作りしてますとか、
振り付けもやってましたとか、
今年は3年の人数が少なかったから、この舞台の日まで多分3ヶ月くらいほぼ眠れなかったんじゃないかとか

書きたいことはたくさんあるんですが、


2015-11-01-14-41-26
2015-11-01-14-38-10
2015-11-01-14-45-00
2015-11-01-15-02-14
2015-11-01-15-08-27
2015-11-01-15-12-30
2015-11-01-15-11-56
2015-11-01-15-13-58


今年も、最高に感動して、こんなに毎年後輩に元気をもらえる古巣があることに、感謝です。



※おまけ
image

日本女子大は「あさが来た」の広岡浅子が創業者の一人ということで、再度注目されていて、
校内もたくさんポスターがはってありました。