10月頭、福島県の被災地のスタディツアーに参加してきました。

以前主人が石巻の被災地を訪れたことがあり、
機会を作ったほうがと言われていたことがきっかけで、
福島県にいく機会があったので参加させていただきました。

64b3167d.jpg

参加したのは、NPO法人「ふよう土2100」さんが主催するツアー。
詳しくはこちら。
http://studytour-iwaki.com/studytour.html


いわき市を出発して
福島第一原発の避難区域として影響のあった
冨岡町→楢葉町→広野町をまわるコース。

地図の真ん中あたりにあるのが冨岡町。

が帰宅困難地域
黄色が居住制限区域
が避難指示解除準備区域、です。

富岡町は居住制限区域なので、立ち入りができない帰宅困難地域のギリギリのところまで、行ったことになります。

image




冨岡町へむかう道。

image
除染が進んで屋根がピカピカの家屋がたくさん


image

放射性廃棄物はこうやって町のあちこちにカバーをして置いてあります。


image


image

富岡町は、津波の被害と原発の被害が両方あった町なので、
まだ居住はできず、ほぼ3年半前のままの状態のところが多かったです。

とまったままの時計。


image

海沿いの富岡駅。


image


image

津波の警告を最後まで知らせて回り、殉職された警官2名(1名は行方不明)の乗っていたパトカー。

慰霊碑のように、発見されたままの姿で、残してありました。


image

帰宅困難区域(立入禁止)の境界にはられたバリケード。

image

image

この先は、当然ですが人の気配がなく、
みたことのない空気、光景でした。


image
移動して、久之浜復興商店街「浜風商店街」へ。


昼食を食べたからすや食堂さん。
無休で営業しているのだそう

image

image
タンメンと餃子が美味しかった!


image

image
訪れた著名人のメッセージも。




image

あたたかく迎えてくれた商店街のおばさんたち。

立ち話で、震災時のことや、その後の苦労を話していただきました。
伝えていくために、つらいことも、できるだけ話すようにしているのだそうです。

避難生活が大変だったこと、でも、本当に過酷すぎて、避難所では笑って暮らしてたのよと。

東京の方は、だんだん情報が風化して、
忘れてしまう人が増えるから、
ここにきたことを茶飲み話でもいいからたくさん話してねと。

とても信じられない話を聞いたり、賛否のある話題があったり、
写真も光景もショッキングなものが多かったのと、

詳細に書けないのであれば無責任になるし、
感じたことも言葉にすると薄っぺらくなってしまって、
ブログに書かないつもりで行ったのですが、

おばさん達の話をきいて、見た事実や写真だけでも、記録しようと思いました。


なので、なんだか無責任な記事にみえてしまったらごめんなさい。
感想は、実際にお会いした方にお話していこうと思います。


旦那さんへのおみやげを買ったら、
「夫婦仲いいのが1番親世代はうれしいのよー」って
短い時間でしたが、なんだか娘のように話してもらって、とっても嬉しかったです。


急なスケジュール変更にも快く応じてくださった「ふよう土2100」里見さん、
現地で話してくださった皆さん、本当にありがとうございました。