やまざきひんと。

HINT.inc代表/メディアプロデューサーやまざきひとみの日々思いついたこと。

July 2013

華麗なるギャツビー
やっと見て来ました。

photo:02




華麗なるギャツビーといえば


フィッツジェラルド!


でも


村上春樹!
グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)/スコット フィッツジェラルド
(※最近のお風呂のお供ですが。)



でも、なく、




杜けあきさま(さんとか言えない)


1991年雪組公演 な、私です。
5歳・・・・笑。

でもはじめてみたのは幼稚園な記憶があります。

おそらく、5歳の時からビデオがすりきれるくらい見たので、
50回はみたでしょう。



朝日の登る前には、名曲。





杜けあきさまのギャツビーは、達観してデイジーに振り回されるというより、
すべてを受け入れるような男性にみえたけれど、
ディカプリオのギャツビーは過去にとらわれるパワーが大きすぎて
逆に魅力的、という、こちらの方が原作に近いんだろうなと思いました。

アビエイターのハワード・ヒューズのディカプリオにもかぶりました。
人としては、(実在と小説の人という差があるけど、)
ハワードヒューズの方が好き。

ディカプリオは、
なにかに取り憑かれる絶大なパワーを持った男性の役が多い気がするので、
だんだん日本でいう藤原竜也にかぶってきました。



ギャツビー邸のパーティの場面は、
こんなパーティに死ぬまでに一度は行きたいと思わせる、圧巻。

悲しくて綺麗なラブストーリー、おすすめです。



おすすめといえば、
最近AppleTVで見た外事警察。

尾野真千子さんがマイブームなので何気なくみたのですが。
これは5つ星の面白さでした。

日本版スパイムービー。
リアリティと、ハラハラ感と、展開の驚きと、
渡部篤郎さんのカッコよさと、
大人のエンターテイメントでした。

外事警察 その男に騙されるな [DVD]/渡部篤郎,キム・ガンウ,真木よう子
¥4,935
Amazon.co.jp


ギャツビーやっと見た。やっぱりデイジーは解せない。

お蕎麦食べてジムへ

暑い!とけちゃう!梅雨あけばんざーい!

ジムからのビアガーデンでプラマイゼロ!笑並ぶの覚悟でいったら、この時間からだとガラガラ。

ビールとananとドヤ顔。今日のアジェンダは、夏の予定と古着の交換とananの心理テスト笑。

風つよいけどきもちいい♡

にーよんろぐの日はまゆみちゃんの登場率たかい。みんなの古着もちより交換会中。いっこコーデ完成♪


次のステップや成長に悩んでいるメンバーと話していて、


上司が頼りになりすぎて、甘えちゃってます。


という声(だったり結論そうだよね、という現象)をきくことがあります。




ありがたいことに、


弊社には強く優しく、かつ恐ろしいほど仕事ができる


たくさんの素晴らしいリーダーがおり、




私自身もたくさんお世話になり、


結果的には、甘えている場面はたくさんあるのだと思いますが、


(というか、あります、すみません)




意識としてひとつ大事にしていることとして、




上長はあくまで決済者、


成果を出すために自分で考え、


適切な相談をし、決済をもらう、巻き込む、


一緒に成果を出すための相手だから、


(適切な表現ではないかもしれませんが)


基本スタンスは、


必要のない弱みはできるだけ見せない、


全力で目線を合わせ、


その目線を超えるために少し強がって接するくらいが
ちょうどいいのではと思っています。






上長とメンターが同一人物になってしまうと、


向き合う割合がお互いに高くなり、


関わる時間が長いほどお互い離れづらくなるので


中期的には、所属する組織自体の成長を妨げてしまうリスクがあると思っていて、


それは自分にとっても、大切な上司にとっても不健康な状態な気がします。






健康的な関係と、
成長速度を保ち続けるために大切なのは、


上司以外の斜めうえの適切なメンターを持つこと、


探すことではないでしょうか。




私の場合は幸いなことに、


旦那さんや、経沢社長や、宮川ねえさんや、


元同じ部署で応援してくださる先輩たち、


同期のがんばる女子会(ユニット名強気に募集中)のみんなや


どうしても行き詰まった時には最後、頼らせてもらいます!wと、


自分の中で勝手に決めているメンターの存在がいて、




いるんだぞ!と思うだけで、


結果的にそんなに泣き言をいいたくなるような場面自体を


少なくしてくれている気がします。




そして、お世話になった分恩返しをしないと、


というポジティブなパワーもまた原動力のひとつ。








甘えんな!と誰かに言っているエントリーではなく汗w、


こんなことをいうと誰からも何も相談されなくなりそうですが、
そういう文脈でもなく汗w、


定期的なセルフチェックとして、


上長に甘えちゃってるかも度をチェックし、
意識的に視点をあげるのは、


成長を加速する上で有効な気がします、ということを、言いたいです。


↑このページのトップヘ