May 2013

もう、何度かこのブログには書かせていただいていますが、

本日プレスリリースを出すことができましたので、
改めてご報告です。

「Ameba」が子どもを持つ母親向けの事業強化を目的にママ事業部を新設 育児中の女性を対象としたクラウドソーシング事業を開始

3月のあした会議をきっかけに、
4月から新たにママ事業部を立ち上げ、
事業責任者を任せていただいています。

Amebaにはもともと、ママユーザーが非常に多く、
Amebaの有名人ブロガーさんたちにも、
誰もが読んだことのある素敵なママブロガーさんたちがたくさんいらっしゃいます。

このメディア力を生かし、
育児中の女性がインターネットを通じて
より豊かに、元気になるようなサービス、事業展開が作れるよう、
事業部一同全力で従事していきます。



また、本日さっそく、日経にも取り上げていただきました。


サイバーエージェント、「ママブロガー」組織化




クラウドソーシング事業をはじめ、
既にいくつかの新規事業がはしりだしていますが、
本日のプレスリリースや記事をきっかけにたくさんの反響をいただき、
期待をいただいていることがとても嬉しい反面、
改めて、気が引き締まっています。






ママ事業部のようす



いつもがんばりやさんの尊敬できるママ二人。
桜子ママとまいにゃん。







守り神のアンパンマンとバイキンマン




Amebaの頭脳集結で戦略会議。






事業部(東京メンバー)のみんなで






・・ちょっと固い記事になってしまいましたがぼー

私自身はなにも変わらず、
ひたすらでっかいAmebaの未来のために邁進するのみですので、
ひきつづきよろしくお願いしますかお







今日は、事業部の
桜子ママ、まいにゃん、新しくjoinしたいしわたちゃん主催で、

サイバーエージェントのママさんを集めた
サイママランチが開催されていたので、

お邪魔してきました。


image

image


N王さんBabyにもはじめてご対面♡

image

N王さんにそっくりな顔で見つめられて、
きゅんきゅん。

image


ランチ→座談会形式で、
それぞれのインターネット利用や、
子育て中ならではの情報収集、コミュニティの作り方や
悩み、あるある話まで、情報交換し、盛りだくさんの内容。


皆さん、本当に前向きで、尊敬できる方ばかり。

こういう機会にもしっかり時間をとって、
活発に、率直にご意見をいただき、

さらに事業部のことも応援していただき、
最後までいることができませんでしたが、
私としてはとても勇気づけられる時間でした。

目からうろこ、な意見も、たくさん。





実は、
ママ事業部ではいつでもサイママの皆さんがあそびに来られるように、
ママさんコーナーを用意していますので、
お立ち寄りください♪

image


主催してくれたみんな、おつかれさまでした!

振り返ってブラッシュアップして、
定期的に開催していきましょう!


今日は早起き。ねむお

ミッドタウンスタートなため、贅沢しています。

私の運命の人は自営でスポーツの仕事してる人だって。むふふ

ママフェスに来た。ママさんみんなおしゃれだなー

しまじろうがスター。しかも英語ショー。

事業部のみんなでポッキーになった

アイディア突破定例、毎日皆の案の精度が上がってうれしい

新課金会議、いつもとちがう頭をつかう。日々勉強だなあ

今週はうまく回りはじめた手応えあり。こういうのがやりがい。

答えを用意する癖、あとでブログかこう

毎日ブログかくって楽しいけどたいへん。

ブログタイトルが実態とかけ離れてるので変えたい今日この頃

今週も怒涛だった。毎週金曜はにーよんろぐの日にしようかな

まゆみちゃんとデート。編集者はハードワークだなー

まゆみちゃんに富山のお土産ますのすしキューピー

レディースデーでビール250円って!下北クオリティ

下北クオリティその2。美味しそうすぎるー!お味噌汁!

にーよんろぐからの投稿


新事業部発足して約1ヶ月。




戦略策定や体制の整備、アクションの洗い出しなどがおちついて


今週からは明確な「実行フェーズ」です。





立ち上げの実行力を最大化するために、


事業部のプランナー全員+クリエイティブ責任者で
毎日「アイディア突破会議」を実施しています。





そこでのルールは


しなければいけないアクションに対しての


具体的なアウトプット案を持ってくること。


そして必ず自分の中での答えを決めてくること。




特に、
プログラミングやデザインができないプランナー/PSが陥りやすいワナとして、


するべきことだけ洗い出して、


その中身を自分で考えずに周りに頼って形作り、やった気になってしまう。





例えば新卒メンバーに企画の相談をされたりするときも、複数提案されたときは


「どれがおすすめ?」


「どれが一番いいと思ってる?」


と聞くようにしています。




たくさんの案が浮かんできて、どれもやったほうがいい~となった時も、


必ず、自分の中で答えを用意する癖をつけることが重要です。


どんな小さなことでも、自分の中で答えを決めたということ=小さな決断になる。



プロデューサー職にとって最も重要な仕事は決断することですが、


決断力というのは決断をした回数=決断経験値でしか強化されないので、


これがある人とない人では、


当たり前ですが成長角度が全く違う。


プロデューサーになれるかなれないか、くらい、違う。






「アイディア突破会議」では、


自分の中で答えをきめて持ってきた案を持ち寄ることで、


ブレストではなくてブラッシュアップ会議になり


より精度の高いアイディアを量産することができるようになりました。





メディアを作る力を最大化するために、


「それはたしかにいいアイディアだね」といわれる


プランニング力で高い壁も突破していくチームになっていきたいと思います。




午前中にいったママフェスにて。




ひきつづきがんばっていきましょうキラキラ



b9c8eefe.jpg

TNCデザイナーロワイヤル。


コミュニティ部門のデザイナーがテーマを決めて改善案をだし、
点数を競うバトル形式の会議。


コミュニティはUIと改善頻度が命。

改善案はより具体的であればあるほど質がよく、実現性も高いです。

デザイナーの改善案は当たり前ですがプランナーのそれより具体性が高く、
更に普段からコミュニティのUIを各サービスで描いているメンバーなので、サービスをまたいだ改善案は、ノウハウが凝縮されていて質が高い。
実装スピードも、そのまま使えるレベルです。

正直、プランナーよりレベルが高いものが数倍のスピードで提案されていて驚きました。

この会議はプランナーも必見です。



↑このページのトップヘ